注文住宅
 

注文住宅とは、工務店とあなた自身との二人三脚で作る家です。特に商品というものが存在しないので、あなた自身の家を自由に造ることが可能です。あなた自身が主導権を持って家づくりをしたいという人に最適です。時間と労力を惜しまない人は、その過程も含めてものすごい充実感と満足感を得ることができるでしょう。反面、家づくりに確固としたものがなく、すべてに提案を求める人は、打ち合わせのスピード、提案力に不満を感じます。広島在住なら広島 賃貸で賃貸物件もおススメです。
工務店との家づくりとは、あなた自身の家づくりに共に悩み、苦しみそして笑いと工務店と一体になることが必要です。そのかわり時間と労力をかけた分コスト(価格が安い)という見返りがついてきます。

購入までの流れ
1 プランの提案

 工務店では、あなたのご要望を聞いたあと、およそ2週間後に最初のプランがでてくるのが通常です。プランは社内の設計士が描く場合と提携している建築家に描いてもらうケースと分かれます。いずれにしても、模型やパース、イメージボード等いっしょに持ってくるケースは稀です。じっくり時間をかけて信頼に基づきいっしょにつくるものだという意識が強いせいか、飾ったり、プレゼンにお金をかけたりするのを嫌います。したがって外観・内観のイメージ等はつかみにくいのが現状です。

2 概算金額の提示

 プラン提示時に概算見積りもしくは正式な見積もりを提示する工務店も少なくありません。これはプランと金額の提示をすることで、お客さまにある程度の判断をしてもらおうという意図があるからです。契約を迫るわけではありません。基本的に営業担当は存在しませんから何度も修正プランと修正見積りを出すことが工務店という組織上難しいからです。

3 詳細見積りと契約

 工務店の詳細見積もりは、ひとつひとつ細かにひろっていきます。ハウスメーカーのようにCAD(機械)で積算するわけではないので、何度も打ち合わせごとに修正して出すわけではありません。もちろん契約前には最終的なものは提出します。工務店での契約行為はとりあえずの契約というものは基本的にありません。打ち合わせの途中で一旦、契約の意思表示をするだけで信用に基づいてその後の詳細打ち合わせを行います。着工寸前の契約というのも数多くあるのも、こうしたお互いの信頼に基づくからです。

4 着工から完成まで

 社長や現場監督が最初から担当する場合、着工がなされても基本的に担当者が変わることはありません。したがってお客さまの意思を引き継ぐという行為がありません。これが工務店で家づくりを行う最大の利点です。言った言わないということも少なくてすみますし、構造上の問題がクリアーされれば、着工後の変更等もある程度は融通を利かせてくれます。また、現場でのコミュニケーションを非常に大事にしますので、地鎮祭、上棟式等を通じて職人さんと直接話しができ、完成後の充実感が大きくなります。

5 引越し後のアフター

 家づくりの工程上、深く人間的にかかわるため一生のお付き合いという意識が強くなります。特別の事情がない限り、転勤等もないため担当者もかわりません。また特に地元密着で紹介がメインの工務店は、評判が命になりますのでアフターメンテナンス等のサービスも一生懸命になります。リフォームをするにしても建て替えるにしても、一度お世話をすると同じ工務店で行うのはこうした理由からです。

おすすめWEBサイト 5選


大規模修繕業者




2019/12/19 更新